治療のリミットについて

40歳以上で治療をされる方が多くを占める時代となり、いつまで治療を続ればよいのか、妊娠できる可能性はどのくらいか、ということについて、情報を望む方は多いのではないかと思います。非常に重要な問題であるにも関わらず、こういった問題に関してはネット上にも専門的な意見が少なく、治療のやめ時がわからずに困っている患者さんも多いと思います。

患者さんに正しい情報を提供せずに、希望のままに治療を続けることは、クリニックの利益になったとしても、決して患者さんの利益にはなりません。そして患者さんが現実的に将来を考えるために、適切なアドバイスを与えることができるのは治療の現場にいる私達以外にはいません。

そういうわけで、今回あえてタブーとも考えられる卵子の老化に思い切って向き合ってみたいと思います。

何歳が治療終結の目安なのか?

私の意見としては、体外受精の終結のひとつの目安は42歳だと考えます。42歳までなら、妊娠は現実的にあり得ます。43歳以上で妊娠・出産される方は非常に少ないです。これは、臨床経験上の実感ですが、研究データとも一致するので、次回の記事で詳しく説明したいと思います。

43歳以上で継続妊娠される方は、以下の2つの要素のどちらかを持っておられる方が多いです。それは、

・卵の質が良い(治療を始めたばかりである)
・卵の数が多い(AMHが高い)

のどちらかです。

一つ目については、治療を開始してから1~2回目の胚移植で妊娠される方が多いです。つまり、卵の質がもともとよい患者さんです。AMHが非常に低いこともあります。卵の数と質は必ずしも相関しません。
二つ目については、当然ですが卵が多くとれれば産まれる卵に出会う可能性は高くなります。確率的な問題です。ただし、胚盤胞ができる程度の質は必須になってきます。

このように、質か数のアドバンテージがないと難しいのが現実です。

43歳以上でも、ときに、低刺激系のクリニックで治療を続けて来られた方で、転院してすぐに妊娠される方はいらっしゃいます。これはどういうことかというと、卵の質が悪いのではなく、質の良い卵を出せていなかった(トリガーや受精の方法の問題)か、数のアドバンテージを生かせてなかったということです。ただ、当院での治療が長引くほどに妊娠は難しくなってきます。

こういったことを踏まえて、43歳以上の治療は、胚盤胞がいくつもできる場合以外は、(初期胚含め)移植3回までが一つの区切り、と考えるのが妥当であると思います。胚盤胞ができるのであれば、続けて採卵して10個程度貯卵し、数回に分けて移植するのがよいと思います。

それ以降の治療は?

では、それ以降は治療を継続しても意味がないのか?というと、そうではありません。ステップダウンするのがよいと思います。

治療をやめたらすぐに自然妊娠した、という話は時々ありますし、治療によるストレス(精神的ストレス、体外受精による卵へのストレスなど)が妊娠しづらい原因になっている場合も実際にはあると思います。体外受精をやめて、人工授精に切り替えて妊娠される方も、時々いらっしゃいます。

体外受精が最高の=ベストな治療のように考えて、それをしないと努力を怠っているように感じてしまう患者さんもいるかもしれませんが、卵にとってみれば、光や温度変化、酸素濃度の変化などといったストレスのない環境で育つのがベストなのです。卵管因子や男性因子がある割合は実際には少なく、多くの場合の問題は卵の質です。体外受精でよい卵が得られないのに、同じことを長々と続ける理由はありません

一般不妊治療であれば、仕事や趣味に影響を与えない程度に継続することが可能です。ステップダウンによってできた余裕で、治療以外のことにも目を向けてみるとよいと思います。治療が中心の生活では、どうしても妊娠することがゴールと考えてしまいがちですが、本当のゴールは自分らしい充実した人生を歩むことであるはず。いろいろな人の生き方にふれてみると、子供をもつ魅力を上回る、自分なりの生き方の目標が見つかるかもしれません。どうしても子供を育てる人生を歩みたいということなら、養子をもらうという選択もあります。

経験のない私が言うのはまるできれいごとのようで説得力がないので、おすすめの書籍を紹介したいと思います。

不妊治療のやめどき-小柳由利子の小部屋産まなくても育てられます-小柳由利子の小部屋

どちらの本も、不妊治療を経験した方々がそれぞれの目線で体験を語っており、共感できる部分が多いのではないかと思います。治療を始める前に、是非読んでほしい本でもあります。

妊娠してもしなくても、子供がいてもいなくても、あなた自身の魅力は変わりません。

皆さんが自分を見失うことなく、治療に向き合うことができますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Sa~ より:

    勉強になるブログを書いて下さってありがとうございます。
    私は体外受精で妊娠にトライしている29歳です。
    27歳の時に妊娠トライ3回目に自然妊娠しましたが、8週で流産、そこから不妊治療専門のクリニックにかかり、タイミング、人工授精を経て、体外受精に進んでいます。
    28歳の時に初めて採卵し、良好なグレードの胚盤胞が3つ、3日目7細胞初期胚が得られ全凍結し、グレードの高い胚盤胞から順に2回移植しましたが、2 回とも化学流産に終わりました。初回はホルモン補充で、2回目は自然周期での移植です。残りの胚で出産までいけたらいいと思っていますし、かかっているクリニックでも20代の胚なら3個良好な胚を移植したら、おおかた妊娠しますとも言われました。決定的な不妊原因は見つかっていません。夫婦の染色体検査や胚の検査はしたことはありません。過去の流産の胎児の染色体検査はしていないのでわかりません。不育症の検査は次の移植までにする予定です。
    まだまだ体外受精を続けたい気持ちはありますが、もし次もだめだった場合は、今後、挙児まで辿り着くのはかなり険しい道ということだとも思ってしまいます。
    採卵移植を繰り返しするというのも、やれるものならやりたいとは思いますが、高額な治療ですし確率が非常に低いならステップダウンも考えたほうがいいのかなと思います。
    先生は、私のような30歳前後で治療をはじめた場合は、ステップダウンを検討すべきタイミングはいつごろであると思われますか?もちろんそれを決めるタイミングは人によるとは思いますが、考え方の指針を下さい。
    お忙しいところすみませんが、ご回答いただけると幸いです。

    • Y@東京HART より:

      流産を繰り返すと、精神的にも辛いですよね。
      一般的にステップダウンを考えるタイミングというのは、「あらゆる方法を試しても胚盤胞ができなくなったとき」です。Sa~さんは、良好胚盤胞ができていますし、全くステップダウンを考えるような状況ではないと思いますよ。
      30歳前後であれば、染色体異常の胚がそれほど多いはずはありません。どちらかというと着床の問題である可能性が高いと思います。
      着床に問題があるとすれば、それを解決せずにステップダウンしても継続妊娠に至るのは難しいです。
      ご夫婦の染色体検査、不育症検査に加えて、着床に関する検査を行うことをおすすめします。

      • Sa~ より:

        ありがとうございます。
        うまくいかず辛くなっていたところ、アドバイスをいただいて、とても救われました。
        次回の移植は着床と不育の問題を調べて対策ができてからにします。また、胚盤胞ができる限りは、金銭面などでペースダウンすることがあったとしても、諦めずに体外を頑張ってみようと思います。
        ありがとうございました。