Q&A【卵巣刺激】分割スピードが遅く桑実胚で凍結しています

Q:何度も高刺激で採卵していますが、5日目で胚盤胞になる率は0で、桑実胚まででいくつか凍結しています。(そのクリニックは5日目以降培養しないので5日目の段階で凍結する以外選べず。)分割スピードが遅い原因もわかりません。桑実胚でもあと少しで胚盤胞になりそう、というものが1個できたことがあるのですが、分割スピードの遅い胚というのは移植後も育つ力が足りないために出産までいかない傾向が高いでしょうか。刺激方法を変えても分割スピードが良好になった試しもなく、年齢が上がっていくとますます落ちるのではと不安です。

A:5日間しか培養をしないクリニックもあるのですね。6日目に胚盤胞になっているのかどうかで、卵の質の問題なのか活性化の問題なのか判断が分かれるため、そこをはっきりしなければ治療方針が立てられません。6日目に胚盤胞になっているのであれば、スピードが多少ゆっくりでも問題ないと思います(ガードナー分類のステージ④以上であれば出産率は5日目胚盤胞と変わりません)。胚盤胞になっていないのだとしたら、受精方法がICSIであれば、活性化が足りない可能性を考えてICSIの方法の変更(活性化の強い順にm-ICSI>c-ICSI>p-ICSI※)やカルシウムイオノフォアなどを検討します。また、トリガーが今まで点鼻/HCGのどちらか一方であれば、もう一方も検討します。

基本的には外で育たなければ子宮の中に戻しても育たないと考えられるため、胚盤胞ができる方法を見つけるのが一番ですが、全て手を尽くしたということであれば、最終手段としては初期胚で移植する、または体外受精をやめて人工授精にする、のいずれかにします。体外の環境が合わない人もごくまれにいるからです。初期胚移植は、桑実胚まで待たずに3日目、6~8分割くらいで移植します。

最後に、胚の発育は施設の培養環境も関係しています。5日目までしか培養しないという微妙な点も含め、今まで同じクリニックで何度も採卵を繰り返しているのであれば、転院を検討してみるのも手だと思います。


m-ICSI:モディファイドICSI、卵子の細胞質を2-3度吸い吐きして刺激する方法。
c-ICSI:コンベンショナルICSI、針を押しつけて穴をあける通常の方法。
p-ICSI:ピエゾICSI、振動で穴をあける方法。変性は起こりにくいが胚盤胞到達率は下がる可能性あり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする